維新の党臨時党大会を開催しました

10月24日に維新の党臨時党大会を開催しました。

DCIM103GOPRO

 

出席した特別党員(国会議員、地方議員、首長)による記名投票の結果、
出席総数230人、賛成230票、反対0票にて『維新の党 解散決議』が成立しました。

 

記名投票というのは、自分の名前を書いて、投票することをいいます。

今回は、議場を封鎖し、選挙で選ばれた国会議員、地方議員、首長たちの名前を呼び、
記名投票を行いました。

これはとても重い意思表示です。

執行部を名乗る人たちも、議員をしているのであれば、
この重さを認識しなければなりません。

DSC01129

 

臨時党大会の議事は以下のとおりでした。

  ・規約、規則の変更

  ・代表の選出について

  ・予算について

  ・円満な分党について

DSC01133

 

党の代表としては、馬場伸幸衆議院議員が指名推選、承認されました。

馬場さんは、解党、債務の返済、政党助成金を返納、妨害行為を排除という
ミッションをもった代表です。

 

そして、以下の決議が成立しました。

 

「党大会の招集の正当性及び成立について確認する大会決議」

DSC01137

 

「維新の党代表及び執行役員会の不存在についての大会決議」

 DSC01138

 

「10月以降の代表及びその他の役員並びに執行役員並びに処分賢者と名乗る者の行為の無効を確認するとともに等の週に関する行為については有効とする党大会決議」

DSC01135

 

 

「大阪都構想をめぐる活動に要した経費一切を本年度予算から支払うことを確認する大会決議」

DSC01136

 

 「維新の党解党決議」DSC01139

 

今回の解党を経て政党助成金を国庫に返還していく流れになると思います。

 

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2017 kenta ichii copy right reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?