平成25年定例会常任委員会(建設消防)5月20日

◆市位謙太委員

市位質疑  大阪維新の会の市位謙太です。私のほうからは、昨年度、我が会派の出雲委員が何度か委員会で質疑をしておりました帆船あこがれについてお聞きいたします。
 帆船あこがれを活用したセイル・トレーニング事業については、昨年度末で事業を廃止しておりますが、まず初めにセイル・トレーニング事業が廃止に至った経緯をお答えください。

◎井元港湾局総務部集客施設担当課長兼経済戦略局観光部臨海集客担当課長 

お答え申し上げます。
 帆船あこがれによるセイル・トレーニング事業につきましては、教育目的に特化した利用について取り組みを進めながら、事業のあり方について24年度中に結論を出すこととしてございました。
 教育利用につきましては、特に市内小・中学校の利用を積極的に促すため、体験試乗 会を初めさまざまな取り組みを行ってまいりましたが、学校教育カリキュラムの中での活用は極めて難しく、乗船定員の制限や費用対効果といった課題もござい まして、教育効果を高める手段としては唯一無二のものではございませんでした。
 また、民間事業者からの御提案も収益性の確保が困難であり、学校利用との併存も難しいことから、昨年度末をもちまして事業の廃止を決定したものでございます。以上でございます。

◆市位謙太委員

市位質疑  今お聞きしましたとおり、帆船あこがれを活用したセイル・トレーニング事業は、教育効果を高める手段としては唯一無二のものではなく、民間事業者からの提案も収益性の確保は困難とのことから、昨年度末で事業廃止に至ったとのことであります。
 3月の委員会では、事業廃止後の帆船あこがれの今後について質疑があった際に、今年度中に売却する方向で検討するという趣旨の答弁があったと記憶しております。
 事業そのものについては、昨年度末で廃止していますが、あこがれを所有したままでは管理に係る経費も必要となります。このような状況を考えると、できるだけ早く売却すべきだと思いますが、売却についての現在の検討状況はどうなっているのかお答えください。

◎井元港湾局総務部集客施設担当課長兼経済戦略局観光部臨海集客担当課長 

お答え申し上げます。
 帆船あこがれにつきましては、あくまでセイル・トレーニング事業を実施するために建造した船舶でありますことから、同事業を昨年度末で廃止した段階で、帆船あこがれについても不要と判断したところであります。
 帆船あこがれは4月以降も南港のオズ岸壁に係留した状態で警備等最低限の維持管理 を行っておりますが、現在、民間団体などからセイル・トレーニング事業の実施など教育的活用を前提として無償に近い価格での譲渡の要望、あるいはセイル・ トレーニングによる大学教育等への活用を前提にした購入希望等が数件寄せられております。
 しかし、セイル・トレーニング事業を前提としたこれら要望等につきましては、事業を実施するための体制や運営財源など、売却後の事業実施における実現性や事業の継続性については難しいものと考えております。
 一方、市場における需要調査を行ったところ、複数社が船舶として購入希望の意思を示しております。
 あこがれの売却につきましては、こういった要素も踏まえまして売却方法の検討を行っているところでございますが、7月末までには売却を完了したいと考えておりますので、今月中にはどのような方法で売却をするのか決定してまいります。以上でございます。

◆市位謙太委員

市位質疑  帆船あこがれについては7月末までに売却を完了したいということでありますが、維持管理に要する費用をできる限り圧縮するという意味でも早期に売却すべきであると思います。
 今の答弁によると、セイル・トレーニング事業を前提とした売却を求める声というの も何件か上がっているとのことです。昨年度の委員会における議論からも、この事業については、教育効果が高く評価されている事業でありますので、こういっ た要望が上がってくることも不思議ではありません。また、2月の委員会には、セイル・トレーニング事業を前提とした売却を求める陳情も提出されていまし た。
 確かに売却手法を決定するに当たり、評価されている事業であるがゆえに、これらの 要望等を踏まえ慎重に検討することも必要であるかもしれませんが、本市として実施してきたセイル・トレーニング事業が昨年度末で廃止となったことや、市場 における需要調査で購入希望の意思を示しているところがあるのであれば、売却に当たっては、条件をつけず、淡々と売却の手続を進めていけばよいのではない でしょうか。
 5月中に売却手法を決定するということで、余り時間はありませんが、7月末には確実に売却を完了できるよう努めてもらいたいと私のほうから要望して、質疑を終わります。

 

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2017 kenta ichii copy right reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?